macOS Catalinaとライセンス認証

本日、macOS Catalina(10.15)がリリースされました。9月17日付けのL&L公式ブログによると、OSをアップグレードするとScrivenerおよびScappleはライセンスの再認証を求められることがあるそうです。この問題はPaddleによるライセンス認証部分のコードに原因があるとされています。

「macOS 10.15 Catalina: An Important Note About Registration」

もしもライセンス認証されていないなどのメッセージが表示されても、ただ単に再認証すれば万事よいようです。

 If this happens to you, don’t worry – just re-enter your licence and you should be good to go.

macOS 10.15 Catalina: An Important Note About Registration

この現象は、Scrivener 3.1.3以前で、直販で購入した場合が対象です。Mac App Storeで購入した場合は、この問題は起きないとされています。この情報は9月17日付けで公表されていますが、本日現在新しいバージョンはリリースされていません。

ちなみに、筆者自身はCatalinaを入れていないので詳細はわかりません。仕事で使うマシンに、リリース当日でOSアップグレードはこわいですよ……

ちなみに、無償化されたScrivener 2ですが、32ビットアプリケーションですので、Catalinaではいよいよ動作しなくなったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です