Windows版 Scrivener 3、RC19リリース 5回目の「もうすぐ!」

2月27日付で、Windows版Scrivener 3のオープンベータ版がRelease Candidate 19にアップデートされました。バージョン表記は2.9.9.19となっています。使用期限はRC18から延長されて2021年3月20日です。

リリースノートは下記にあります。

→「Scrivener 3.0 Beta – Release Candidate 19 (Almost there!)」(L&L)

「Almost there!」(ほとんどそこに!→もうすぐ!)と最初に書かれたのは1月19日付でリリースされたRC15ですから、それから1か月半もたたずに「もうすぐ!」と5回言っていることになります。

表示の日本語化はリリースのたびに進んでいるような気はしますが、プルダウンメニューの中でも訳に困りそうなものは未訳のものが少なくありません。オプション画面の最初の表示さえ次の図のような状態です。

翻訳は済んでいるのに反映されていないという可能性もあるので、もしもそうであればどこかで一気に日本語化が進むことも期待できますが、さてどうなのでしょうか。Mac版で日本語訳のボランティアをした筆者としては、Mac版の訳を流用すればいいのにと思うのですけれども。


このベータ版は誰でも無料で自由にダウンロードできます。ただし、ベータ版ということは開発者自身が製品版として認める品質に達していないということでもあるため、何らかの問題が起きる可能性があります。ベータ版に関する一般的な注意点や、Scrivener1がすでにインストールされているシステムへのインストール方法は、リリースノートのページにあります。


ベータ版のバグ報告は「Beta Testing (Windows)」、追加機能の希望は「Wish List」に、それぞれ公式フォーラムがあります。

2017年11月20日以降にScrivener 1 for Windowsを購入した方は、Scrivener 3へ無料でアップグレードできます。また、以前からの既存ユーザはScrivener 3の発売時に25ドルの割引でアップグレードできるようです。

If you buy Scrivener 1 for Windows now, you’ll get a free update to version 3 when it’s available.

https://www.literatureandlatte.com/introducing-scrivener-3

本記事執筆時点(2月28日)で試したところ、NaNoWriMoがらみの20%オフクーポンはまだ使えるようです。

→「米YouTuber作家からScrivener割引クーポン配布

+1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です