Scrivener FAQ|OSが違っても機能は同等ですか?

Scrivener FAQ

Scrivenerには、Mac版(ver.3)、Windows版(ver.3)、iOS版(ver.1)がありますが、機能は異なります。異なる点をどれだけ重視するかは人によりけりだと思いますが、機能の数だけを印象でかぞえると、次のようになるでしょう。

Mac版 > Windows版 >>> iOS版

いずれにしても、同等ではない点は留意しておく必要があります。

Mac版にあって、Windows版にない機能

次のようなものがあげられます。

  • 本文の縦書き
  • 複数のプロジェクトを1つのウインドウにまとめて切り替えるタブ
  • タイプライタースクロールの高さの設定
  • 本文をダブルクリックしたときに単語を自動判別して選択

Windows版にあって、Mac版にない機能

必ずしもMac版の機能が最上位というわけではありません。たとえば、次の機能はWindows版のみです。

  • キーボードショートカットのカスタマイズ
  • UTF-8以外のテキストファイルの読み込み(文字コードの変換と同時のインポート)

また、Windows版のver.3では、コルクボード表示でカードを自由な位置へ置けるようになりました。この機能自体はMac版にもありますが、Windowsではタッチディスプレイがサポートされているので、そのようなディスプレイを使っていれば、カードを指でドラッグして操作できます。macOSでもiPadと組み合わせる「サイドカー」機能はありますが、いうまでもなくタッチディスプレイのほうが直感的です。

iOS版にない機能

これはたくさんあります。

  • テキストの連結表示
  • コルクボードでカードを自由な位置へ置く(iPhoneではコルクボード表示自体できません)
  • アウトライン表示
  • コンパイル設定のカスタマイズ(不可能ではありませんが現実的ではありません)

ただし、フォルダごとにコンパイルする操作はiOS版のほうがやりやすいです。

+1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です