Mac版 Scapple、1.4.1リリース 動作はCatalina以上に

5月11日付でMac版Scappleが1.4.1へアップデートされました。既存ユーザーは無料でアップデートできます。

公式のリリースノートは公式サイトにあります

今回最も重要な変更は、動作要件がCatalina(macOS 10.15)以上になったことです。これは、基本となるプログラムコードをSwiftへ移行したために、大規模なオーバーホール(an extensive overhaul)を行ったためだそうです。

Catalinaよりも前のOSを使っていてアップグレードできない場合は、それ以前のバージョンを使う必要があります(具体的には、現時点ではScapple 1.4.0になります)。

そのほか、細かい改善とバグフィックスが行われているようです。

2020年11月以来マイナーアップデートさえなかったMac版Scappleですが、開発環境の刷新がメジャーバージョンアップへの布石であればいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。