Mac版 Scrivener、3.2.2リリース バインダー問題を解決

12月15日付で、Mac版 Scrivenerが3.2.2へアップデートされました。既存ユーザーは無料でアップデートできます。

リリースノートを見るとバグフィックスのみのようです。そして、リリースノートには記載されていませんが、バインダーの周囲に不正な空きができる現象が解決されました。そのやりとりは公式フォーラムで読めます。

→「3.1.5 for MacOS has binder with a strange area on Japanese language setting

このバグは、①日本語環境で、かつ、②コレクションを表示していないときにだけ起きるため、長い間放置されていました。しかもいったんは修正したとされながら実際には修正されていないというオマケまでついてきましたが、やっとこの問題が解決されました。


この問題の解決までにこれほど長くかかったことの背景には、①開発メンバーにはおそらく日本語が分かる人がいない、②無視されてしまうほど日本のユーザーは少ない、あるいは公式へメッセージを送っていない、③ほとんどのユーザーはコレクション機能を使っていない、などがあると推測され、ベータテスターをやったことがあり、日本語で唯一の解説書を書き、コレクション機能を日常的に使っている身としてはいろいろと考えさせられます。

ともあれ、日本のユーザーにとって重大なバグが解消したのは確かですから、これでまた自信を持ってScrivenerをおすすめできるようになったことをいまは喜びたいと思います。さあ原稿を書きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です