Catalina導入は待って!

L&L公式ツイッターは、日本時間10月10日付けの投稿で、macOS Catalina(10.15)の導入を待つようにアナウンスしました。

https://twitter.com/ScrivenerApp/status/1181975181633445895

Appleが開発者へ製品版のバージョン(GM)を渡したのは火曜日(8日)だったので、L&LもScrivener 3への影響(つまりバグ)を修正するのに間に合わず、いま取り組んでいる最中である……ということです。

実際には、とくに問題なく動いているというユーザーも見受けられますが、開発元がストップをかけている以上、自分で対策を取れない場合は冒険しないほうがよいでしょう。

また、Scrivener 2は32ビットアプリケーションですので、Catalinaでは動作対象外となり、起動もしなくなります。そもそもScrivener 2の対応バージョンはmacOS 10.12までですので、すでにサポート対象外です。

【追記】

Catalina対応バージョンの3.1.4がリリースされました。

「Mac版 Scrivener 3.1.4リリース」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です