Win版 Scapple、1.4リリース 64ビット専用、更新は手動で

8月3日付で、Windows版 Scappleが1.4へバージョンアップされました。既存ユーザーは無料でアップデートできます。

ただし、このバージョンから64ビットシステム専用になりました。そのため、32ビットシステムを使っている場合はアップデートできず、直前のバージョンである1.2.6を使い続ける必要があります。

また、内部的な変更のため、Helpメニューを使った、以前のバージョンから自動ダウンロードはできません。手順はこの記事の後のほうで紹介します。

おもな更新点

  • 64ビットシステム専用になりました
  • ダークモードに対応しました
  • インスペクターのデザインが新しくなりました
  • スタイルにアクセスしやすくなりました
  • コネクションにラベルを付けられるようになりました([Notes]→[Connection Label…])
  • ハイレゾモニタに対応しました

その他、機能追加から改善まで、160か所以上の修正を行ったとされています。詳細はリリースノートを参照してください。

→「Release Notes

アップデート手順

  1. Webブラウザを使って、リリースノートのWebページからインストーラーをダウンロードします。
  2. Scappleを起動し、[Help]→[Deactivate Scapple]を選び、アクティベーションを解除します。この手順は公式ガイドにはありませんし、必ずしもやらなくてもよいようですが、念のため解除しておくほうがよいでしょう。(筆者はガイドのとおりアクティベーションをせずにアンインストールしましたが、結局アクティベーションは必要でした)
  3. Scappleを終了します。
  4. エクスプローラーへ切り替え、Scappleのアンインストーラーを使って旧バージョンをアンインストールします。デフォルトでは「C:\Program Files (x86)\Scapple\uninstall.exe」にあります。

5. ダウンロードしたインストーラーを使って、ver.1.4をインストールします。

6. ver.1.4を起動し、[Help]→[Activate Scapple]を選び、アクティベーションを行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。